新 -アラタ-のスタッフ紹介

和食を学び、ボーダレスに人を喜ばせる。

和食を学び、ボーダレスに人を喜ばせる。

HUGEで唯一、和食ならではの旬の食材に携わることができ、日本料理や日本の食文化を勉強しながら、調理工程や、その中にある調理技術を一つひとつ学んでいくことができます。アラタは、六本木という土地柄、英語圏のお客様だけでなく、中国をはじめとした、様々な国のお客様も多数いらっしゃるので、多種多様な言語が飛び交います。海外のお客様と接し、コミュニケーションをはかることが好きな人、また、お料理でもサービスでも、ボーダレスに人を喜ばせたいと思う人を歓迎します。

辻 裕太
辻 裕太マネージャー 辻 裕太 Tsuji Yuta
略歴

長野県立小諸高等学校 卒業
2007年 7月 入社
現在に至る

日本の「うまい」が集まる和食レストランに!

日本の「うまい」が集まる和食レストランに!

「和食」という枠にとらわれず、ARATAでは幅広い料理を提供しています。
旬の食材を取り入れることはもちろんですが、ロール寿司やお好み焼きなども提供しているんですよ。外国籍のお客様も多くご来店されるので、食材をご説明しながら日本の食文化を伝えることもとてもやりがいがあります。レシピに合わせて料理をすることだけではなく、あなただからできる料理も大歓迎です。ARATAにはチャレンジできるステージがたくさんあります。お客様に美味しいものを味わっていただきたい、その気持ちを持って妥協せず料理人としてプロを目指せる環境です。

高橋 敦司
高橋 敦司シェフ 高橋 敦司 Atsushi Takahashi
略歴

東京モード学園専門学校 卒業
2012年 2月 入社
現在に至る

お客様との繋がりが、自分の価値を上げる。

お客様との繋がりが、自分の価値を上げる。

人と人とが、繋がっていることを体感できる場所なので、ずっと続けられます。働いていて単純に楽しなと思うことや、細かい作業を磨き込むこともやりがいです。でも、お客様と繋がることが、自分の価値作りにもなるところとして、大事なポイントだと思います。スタッフにもお客様にも、本気の気持ちでぶつかっていけば理解し合えるし、そういう経験を繰り返す中で、人は自分と繋がっているという実感が生まれる。それが一番の楽しさであり、やりがいだなと日々感じています。

小泉 篤史
小泉 篤史サービス 小泉 篤史 Koizumi Atsushi
略歴

東海大学 卒業
2009年 6月 入社
現在に至る